赤字黒太字共に専門課程試験頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

 

1.米国における変額個人年金保険販売の状況

●変額個人年金保険市場の拡大……変額個人年金保険市場は1990年代前半から拡大し、変額個人年金保険が有力商品として定着した。

その背景としては、「株価上昇などにより高い収益が期待できる点」や「年金受取時まで運用収益が課されない『課税繰り延べ効果』」等の変額個人年金保険の特徴が市場のニーズに対応していることが考えられる。

 

2.日本における変額個人年金保険販売

●金融商品に対する意識の変化と自己責任による資産形成ニーズ……自己責任による資産形成ニーズが高まったことを受け、そのような消費者ニーズに対応するために、平成11年から変額個人年金保険の販売が開始された。

「年金を自助努力で準備したい」という人はもちろん、「より有利な形で積極運用したい」 「相続対策を今から進めたい」など、さまざまなニーズに応える金融商品として、平成14年10月の「銀行窓販」での年金商品解禁から、変額個人年金保険の販売件数は、一時払契約を中心に拡大を続けていたが、平成20年9月のリーマン・ ショックなどにより金融情勢が不安定となっていること等の影響を受け、その実績は一時期大きく減少した。このような状況のなかで、株価の急落などに伴う金融商品としてのリスクについて、お客さまへの十分な説明が、より一層求められている。




<前 第1章~変額保険の販売の背景~