赤字黒太字共に頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

生命保険の種類と仕組み

1.保険種類と利用目的

(1)生命保険の基本型

死亡保険:被保険者が死亡または高度障害になった際に支払われる。定期保険、終身保険、定期保険特約付終身保険など。

生存保険:被保険者が一定期間生存したときに保険金が支払われる。個人年金保険、貯蓄保険など。

生死混合保険:死亡保険と生存保険を組み合わせた保険。養老保険、定期保険特約付養老保険など。

(2)その他の分類

①定額保険と変額保険:契約時に定めた死亡保険金額や満期保険金額などが保証されている定額保険、特別勘定の運用実績により変動する変額保険があり、変額保険は運用リスクを契約者が負う形式をとるため投資の一面を備える。

②第三分野の保険:生死以外の病気やケガにより保険金が支払われる医療保険や傷害保険、介護保険など。

(3)保険種類と利用目的

①定額保険

定期保険:死亡・高度障害の保障を目的としたもの。
一定の期間内に保険事故が起こった際に支払われる。満期保険金はない。

終身保険:生涯の死亡・高度障害の保障を目的としたもの。
解約返戻金は老後資金準備にも活用できる。

定期保険特約付終身保険:生涯の死亡・高度障害の保障を満たし、責任の重い時期に大きな保障を得ることを目的としたもの。
終身保険に定期保険特約を上乗せ。解約返戻金は老後資金準備にも活用できる。

利率変動型積立終身保険:積立部分で資金準備や生涯の死亡保障、保障部分で大きな死亡保障や医療保障などの確保を目的としたもの。

養老保険:死亡・高度障害の保障と合わせ、資金準備などを目的としたもの。
死亡保険金額と満期保険金額が同額。貯蓄性が高い。

定期保険特約付養老保険:死亡・高度障害の保障に重点をおきつつ、資金準備を目的としたもの。

生存給付金付定期保険:死亡・高度障害の保障と合わせ、資金準備などを目的としたもの。
保険期間中、一定時期に生存給付金が支払われる。

貯蓄保険:教育・結婚・独立資金、資金準備などを目的としたもの。
満期保険金、災害死亡保険金、死亡給付金が支払われる。

こども保険:子供の教育・結婚などの資金準備を目的としたもの。
被保険者は子供、契約者は通常親で加入する。保険期間内に契約者が死亡した際には、それ以降の保険金の支払が免除される。
満期保険金以外に、養育年金や、入学祝い金が支払われる契約もある。
子供が死亡した際には、払い込んだ保険料に応じた死亡保険金が支払われる。

個人年金保険:老後資金の準備を目的としたもの。
支払方法は以下5点がある。
①終身年金:生存している限り年金が支払われる
②保証期間付終身年金:保証期間中は生死にかかわらず年金が支払われ、生存している限りは終身に渡り保険金の受取が可能
③確定年金:生死に関係なく、定められた期間だけ支払われる。
④有期年金:あらかじめ定められた受給期間に生きている場合に限り年金が支払われる。
⑤保証期間付有期年金:保証期間中は生死に関係なく年金が支払われ、その後は生きている場合に限り、あらかじめ定められた期間年金が支払われる。
保険料払込期間中に死亡した場合には、払込済み保険料相当額が死亡給付金として支払われ、高度障害となった場合には、以降の保険料が免除となる。

介護保険:介護を要する状態になった場合の保障を目的としたもの。
約款に定める所定の要介護状態となり、その状態が一定期間継続したと医師が診断したときに介護一時金または介護年金が支払われる。
死亡した際には死亡給付金が支払われる。保険期間は定期と終身がある。

医療保険:病気やケガで入院・手術した場合の保障を目的としたもの。
病気やケガで入院・手術した際に、入院・手術給付金が支払われる。死亡保険金や解約返戻金がない契約もある。満期保険金は基本的にはなし。
保険期間満了までに入院がなかった場合には、健康祝金や無事故給付金が支払われる契約もある。

がん保険:がんによる死亡時の保障と合わせて、がんによる入院・手術の保障を目的としたもの。
保証期間は定期型か終身。
契約から90日の待ち時間経過後が責任開始期となり、責任開始期前にがん診断された場合には保険契約が無効。

特定疾病保障保険:死亡・高度障害時の保障と合わせて、がん・急性心筋梗塞・脳卒中にかかった際の闘病資金準備等を目的としたもの。
三大生活習慣病にかからない場合でも、死亡または高度障害になった際には保険金が支払われる。

②変額保険

変額保険(終身):生涯の死亡・高度障害の保障を目的としたもの。
保障額は資産の運用実績にもとづいて毎月増減するが、死亡・高度障害保険金については、契約時の保険金額が保証。

変額保険(有期):死亡・高度障害の保障と合わせ、資金準備などを目的としたもの。
保障額は資産の運用実績にもとづいて毎月増減するが、死亡・高度障害保険金については、契約時の保険金額が保証。
ただし、満期保険金は原則保証がないため、運用実績によっては基本保険金額を下回る場合がある。

変額個人年金保険:資産形成を目的とするもの。
資産の運用実績により、受け取る年金額や解約返戻金額などが増減する。商品により、最低保証があるタイプ、ないタイプがある。
解約返戻金は運用実績に応じた積立金をもとに計算されるため、毎日変動する。

災害割増特約:災害により事故の日から180日以内に死亡・高度障害になったとき、また所定の感染症で死亡・高度障害になったときに、所定の保険金が支払われる。

災害入院特約:災害により180日以内に開始した入院について、給付金日額×入院日数の入院給付金が支払われる。

疾病入院特約:病気の治療を目的として入院したとき、給付金日額×入院日数の入院給付金が支払われる。




<前 第1章~生命保険を取り巻く環境の変化~




保険関連の人気ランキングはこちらからどうぞ