赤字黒太字共に頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

1.選択の必要性

①公平性:健康性を害していたり、危険度が高い職業に従事している人が同条件で加入できた場合、死亡保険金などの支払が予定以上に多くなり、一般契約者に不利益を及ぼす可能性がある。

②倫理性:犯罪の可能性が認められる契約は事前に排除する必要がある。

③継続性:契約の失効や解約は、危険度が低い契約に多いと考えられる。健全な運営に支障をきたすため、契約の継続性を高く保つ事が必要。

2.選択の手段と流れ

(1)3つの危険

①身体上の危険:被保険者の体格、傷病歴、健康状態、障害状態により判断
②環境上の危険:被保険者の職業などにより判断
③道徳上の危険(モラルリスク):生命保険を悪用し、保険金や給付金を不当に得ようとする事。事前防止のための情報が必要。

(2)選択の手段と流れ

被保険者および契約者と必ず面接し、本人確認を行った上で生命保険会社へ報告しなければならない。

①告知書にありのままを記載していただく
②被保険者の顔色や身体の状況をよく観察、必要な質問をし申込書の取扱者報告欄に記入する
③被保険者の職業や仕事内容を具体的に聞く
④被保険者・契約者の年齢や資産状況、職業、収入と比較し、保険金額が過大ではないか、申込経路や受取人など不自然な点がないが確認する

(3)標準体契約と特別条件付契約

①標準体契約:3つの危険から判断し、一定の範囲内にある人に対しては基準の保険料で契約を行う。

②特別条件付契約:一定の危険範囲を超えているが、「保険料の割増」「保険金の削減」「特定疾病・部位の不担保」を条件として契約を行う
※危険度があまりにも高い場合には、契約を断るケースもある

3.選択と私たちの役割

逆選択:危険度が高い人は、生命保険に加入しようとする傾向が強く、有利な契約を結ぼうとすること

4.契約内容登録制度

生命保険制度の健全な運営のために、契約内容登録制度を管理・運営している。

登録内容:保険契約の申込をした場合、契約者ならびに被保険者の各種個人情報や、保険金額、給付金額、契約日などが登録センターへ登録される。

契約内容照会制度平成14年4月から隣接業界との間において、契約内容を相互に照会するため、「契約内容照会制度」を管理・運営している。




<前 第2章~生命保険の約款③~




保険関連の人気ランキングはこちらからどうぞ