赤字黒太字共に専門課程試験頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

1.保険料と税

●生命保険料控除……個人が一定の要件を満たす変額保険の保険料を支払った場合には、定額保険と同様に生命保険料控除が受けられる。
変額個人年金保険については、「個人年金保険料控除」ではなく、「一般生命保険料控除」の対象となる。
一時払契約については、定額保険と同様に契約した年についてのみ控除の対象となる。

 

2.保険金と税

個人が変額保険によって保険金を受け取った場合は、定額保険と同じ種類の課税が行われる。

ただし、高度障害保険金については、被保険者や配偶者等一定の親族が受け取る場合は非課税となる。

 

3.年金と税

個人が変額個人年金保険によって年金を受け取った場合は、定額個人年金保険と同じ種類の課税が行われる。

課税の繰り延べ……変額個人年金保険の積立(運用)期間中に発生する運用益については、変額保険と同様に積立(運用)期間中に課税されることはなく、解約時または年金受取開始時等まで課税が繰り延べられる

 




<前 第2章~変額保険の約款②~