赤字黒太字共に専門課程試験頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

 

長期的な運用を基本として、安全性・換金性にも留意
変額保険も定額保険と同様に、長期にわたりお客さまへの保障を提供していく必要があり、特別勘定資産の運用にあたっては、長期的な運用を基本としている。
特別勘定は、運用の成果もリスクも直接契約者に帰属する性格を持っているが、一般勘定同様、安全性・換金性(流動性)などにも留意した運用を行っている

 

●他の勘定との間での売買・交換は不可
特別勘定および一般勘定はそれぞれ独立しており、原則として各勘定に属する資産を他の勘定との間で売買・交換することはできない

 

●生命保険会社の資産運用……「保険業法」および「保険業法施行規則」によりその 運用方法等が定められている。
◆◆変額保険の場合……特別勘定については定められていない。

 

●特別勘定資産の運用……国内・外の有価証券(上場株式、公社債など)などを主な対象として行う。

 




<前 第2章~変額保険と税~