赤字黒太字共に専門課程試験頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

1.失効(復活)・手続きの留意点

お客様の知らないうちに失効してしまっている場合があるため、しっかり確認する。

復活:所定期間内であれば復活して元に戻す事ができる。ただし、復活しても失効期間中の事故は保障の対象にならないことに注意。

復活の手続き:新規加入時とほぼ同様の手続きが必要。生命保険会社の承諾、未払込保険料の支払により手続きが完了

失効時の留意点
①迅速に復活の案内をすること
②契約者・被保険者に必ず面接をして、復活の意思確認をすること
③復活手続き時には重要事項の説明をし、必要書類に自署・押印をいただくこと
④復活の意思がない場合は、すみやかに解約請求について案内すること

2.解約手続きの留意点

解約請求者が契約者であることを確認:解約請求ができるのは契約者のみとなるため、取引時確認を確実に実施する。家族であったとしても、委任状による代理人としての正当な手続き書類がなければ受付不可

②解約以外の方法を模索する:解約理由によっては、貸付、減額、払済保険への変更などで対処可能な場合がある。

解約時のデメリットを案内:新たに契約する際には保険料が高くなること、健康状態によっては新規加入ができなくなる可能性があること、解約返戻金は支払済み保険料総額よりも少なくなる可能性がある事を案内

契約者本人による請求書への自署・押印と必要書類の完備を確認すること

解約返戻金の支払について案内する




<前 第4章~保険金・給付金等の請求と支払い~




保険関連の人気ランキングはこちらからどうぞ