赤字黒太字共に専門課程試験頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

●生活設計を考える場合、突然起こる災害・損失に対する準備として、くるまの保険やすまいの保険などの損害保険が利用されている。

●損害保険……主として物に関する保険だが、からだの保険として所得補償保険や傷害保険、介護保険がある。

●実損てん捕……通常、事故による現実の損害額だけが、契約金額の範囲内で支払われる。

●生・損保の相互乗り入れ……保険業法の改正を受けて、平成8年10月から子会社方式による生・損保の相互乗り入れが可能となり、平成13年には生・損保本体による第三分野への参入も実現している。

1.傷害保険

●傷害保険……傷害事故(けが)で被保険者に死亡・後遺障害が生じたとき、あるいは生活機能、業務機能に支障をきたし医師などの治療を受けた場合に保険金等が支払われる。

●主な保険種類……普通傷害保険、交通事故傷害保険、海外旅行保険など。生命保険の「傷害特約」 「災害入院特約」 などに類似した給付内容となっているが、死亡保険金の支払事由や、後遺障害保 険金の支払割合、入院保険金の免責期間など異なる点もある。

2.積立型保険

●積立型保険……満期時に満期返戻金、契約者配当金が支払われるという貯蓄性を兼ね備えた商品として開発されたもので、積立普通傷害保険などがある。

●年金払積立傷害保険……高齢社会における年金ニーズに対し、積立型保険の仕組みを用いたもの。




<前 第5章~共済制度とその主な商品~




保険関連の人気ランキングはこちらからどうぞ