赤字黒太字共に専門課程試験頻出ですが、テスト直前は赤字部分の抜け漏れを必ずチェックしてください。

3つの保障……
①個人で準備する保障(個人保障)
②勤務先での保障(企業保障)
③国などによる保障(社会保障)がある。

●社会保障は不十分……社会保障制度は経済準備手段として重要な位置を占めているが、その給付水準は必ずしも個々の経済的ニーズを満たしているとはいえない。

●自助努力の必要性…社会保障制度とのかかわり合いのもとに自助努力による経済準備を進める必要性が増している

 

1.社会保障制度のあらまし

社会保障制度……病気、老齢、死亡、出産、けが、失業、介護、貧困などの場合に、国や地方公共団体などが一定水準の保障を行うもの。

●社会保障制度の種類……社会保険制度、公的扶助制度、社会扶助制度、社会福祉制度などがある。

(1)社会保険調度……病気、けが、死亡、会社倒産などによる失業の可能性があり、さらに平均寿命の延びに伴い、老後に対する経済的不安が増大している。このような場合に各種の給付を行い、生活困窮を防ぎ、一定水準の生活を 保障する制度。社会保障制度の中核である。

(2)公的挟勘制度……「生活保護法」にもとづき、最低限度の生活を保障するとともに、その自立を手助けする生活保護制度などがある。

(3)社会扶助調度……「児童手当法」にもとづき、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした児童手当制度などがある。

(4)社会福祉制度……老齢者、身体障害者、知的障害者、児童および母子世帯の福祉を図ることを目的とした制度がある。

 

2.社会保険制度の主な内容

●社会保険制度……病気、老齢、死亡、出産、けが、失業、介護などの給付内容については、生活設計上不可欠な知識といえる。

●社会保険制度の種類……医療保険(健康保険・国民健康保険・後期高齢者医療制度など)、年金保険(国民年金・厚生年金など)、介護保険、労働保険(労災保険・ 雇用保険)などがある。

 

(1)医療保険制度……被保険者などの病気、けが、死亡または出産などの経済的損失について保険給付を行う制度。

①健康保険……被保険者の病気、けが、死亡、出産に関する保険給付(労災適用分を除く)と、その被扶養者に対しての保険給付を行う。

●2つの制度……主に中小企業の勤労者が加入している「全国健康保険協会管掌 健康保険(協会けんぽ)」と、従業員規模等の一定の条件を満たす企業がその従業員とともに健康保険組合をつくり、全国健康保険協会に代わって独自の立場で健康保険の事業を運営する「組合管掌健康保険」がある。

②国民健康保険……75歳未満の自営業、自由業の人とその家族などを被保険者として、その病気、けが、死亡、出産に関する保険給付を行う。

●退職者医療制度……健康保険の被保険者が定年退職すると、その多くは国民健康保険の被保険者となるが、そのうち厚生年金保険の老齢給付を受けられる人とその被扶養者は、退職被保険者として退職者医療制度に加入することになっていたが、平成26年度末で新規加入は廃止された。現在の加入者は65歳になるまでそのまま制度の対象となる。

③後期高齢者医療制度

●高齢者医療制度……平成20年4月から実施

●対象者……医療保険(国民健康保険等)に継続加入する65歳以上75歳未満の前期高齢者と、「後期高齢者医療制度」の対象となる原則75歳以上の後期高齢者に区分されている。

●後期高齢者……75歳になるまで加入していた医療保険制度を脱退し、別の独立した後期高齢者医療制度の被保険者となる。

●運営主体……都道府県単位で全市(区)町村が加入する広域連合が運営主体となる。

●負担額……1割(現役並み所得者は3割)。

 




<前 第5章~金利の種類と金融商品~



疲れにくいジェットストリームを1本持っておくと便利です。
赤は脳を刺激して覚えが良くなるらしいので、勉強時には赤色がオススメ!